自分のペースで

大好きな読書を中心に、日々の気づきを綴ります。 目標→100記事執筆

「一生チャンスをつかめない凡人の行動TOP3」 マコなり社長のYouTubeを見てのまとめ

f:id:yh1356:20200105000137p:plain


 どうして自分の人生は楽しくないんだ

 自分はいつも不運ばかりだ

 私も基本的にネガティブでありこのように考えてしまう事がよくあります。どうすればもっと楽しく人生を生きられるのか、このように考えていた時に出会ったのが今回紹介する動画です。今回の記事を通して少しでも皆さんの力に慣れればと思い、


自分の経験談を盛り込みつつ、内容をまとめていきたいと思います。

 

一生チャンスを掴めない凡人の行動 第3位      「皆んなの前で最初に手を挙げない」

f:id:yh1356:20200105000306p:plain

 

 何となく面白そうな新規企画の参加者を募集している時、あなたは真っ先に手を挙げますか?

 もしくは、授業中や会議でわからない事があった時にあなたは真っ先に質問ができますか?

 もしこのような状況で手を挙げず他の人の様子を伺う癖のある人は、チャンスを掴めないとマコなり社長は述べています。真っ先に手を挙げられる人は、恥をかいたり失敗をしたりすることを恐れません。次々に挑戦して、そして成長できます。反対に失敗することを恐れ他の人の出方を伺う人は、挑戦しなかった自分を正当化していきます。「この企画はきっと面白くないからやらなくて正解だ」

「よく考えてもみないで参加するあいつはバカだ」

などと無意識に決めつけ、自分を擁護してしまうのです。無意識にしてしまうため指摘されるまでは絶対に気づけません。誰もがやってしまうことなので仕方のないことですが、行き着く先は一生チャンスを掴めない人生です。

 

 気になる人に声を掛けられない自分

 私自身は、真っ先に手をあげるタイプと言いたいところですが反対の引っ込んでしまうタイプです。基本的に興味があることに対して色々と言い訳を考えているうちにチャンスを逃してしまいます。恋愛においてもそのと癖が顕著に出てしまいます。例えば気になる人が目の前にいたとします。すぐに声を掛けてみれば良いのに私は「声を掛けて誰かに見られたら嫌だな」「うまく喋れる自信がないしな」「また次の機会があるさ」などと考えているうちに気になる子が何処かに行ってしまいます。

そして行動を起こす時は決まってもう遅く、別の男がその子に告白していたり物理的に会えなくなっていたりします

 

 そして自己正当化が始まる

 そしてマコなり社長のいう通り、自己正当化が始まります。「あの子は最初からあいつの事が好きだったんだ」「自分なんかがあの子と釣り合うわけない」「恋愛する時ではないんだ」などアプローチしなかった自分を擁護し始めるのです。しかし、そんなハリボテの擁護は長く続かず気づけば未練ばかりが残るようになってしまうのです。

 

 一生チャンスを掴めない凡人の行動 第2位     「新しいものを試さない」

f:id:yh1356:20200105000418p:plain

 

 

 あなたは世の中で流行っている新しいツールやデバイス、もしくは新商品の食べ物などを試す人ですか?

 もしくはこの一年を振り返って、普段やっていないことを始めたり行ったことのない場所に行って見たりしましたか?

 もしも新しいことをやるのではなく、自分の決まった範囲でしか動いていないのならチャンスを掴めないとマコなり社長は述べています。何故ならばチャンスというのはある日突然降って出てくるものではなく、誰の目の前にもあるものだからです。そのチャンスに気づかずに通り過ぎているだけなのです。そのチャンスに気がつくためには自分の価値観を広げるしかありません。反対に毎日決まったルートで帰り毎日同じものを食べ、毎日同じ人といる生活は確かに楽ではあるのですが価値観が広がらないためチャンスに気がつかず一生を終えてしまいます。だからこそ、何んだも良いのでやったことのないことをやってみる、行ったことのない所に行ってみると視野が広がりチャンスを掴めるのです。

 

 殻に閉じこもっていた以前の自分 

 以前の自分、特に大学時代の自分は極端なまでに自分の殻に閉じ篭る生活をしていました。意味がないと決めつけ友達と遊ばず、お金の無駄と旅行などにも行かず、ただひたすらに家に篭って動画を見たりするという生活をしていました。外食をするときも行く場所は、いつもの決まった食堂で決まったものを食べる。確かに波風は立たないし、大きな傷を負うこともありません。しかしいつも他人をみると嫉妬で心はいっぱいになり、いつも何かに不満を抱いている自分でした。

 

 少しずつ新しいことにトライできるようになる

 徹底的に殻にこもる自分に限界がきたためか、卒業してからは少しずつ興味があることにトライできるようになりました。行ったことのない県に行き、バスを乗り継いでぶらり旅をしたり、全く別の業種で仕事をしてみたり、知らない人と話をしたりしました。さらには友達と弾丸でヒッチハイク旅にも行きました 。このブログ更新も今までは意味がないと決めつけてやってこなかったことです。そして新しいことにトライするようにしてから、前に比べて落ち込んだり卑屈に考えたりすることが減ったように思います。

 

 新しいことに挑戦すると確かに価値観が広がる

 新しいことに挑戦するとマコなり社長が言う通り確かに価値観が広がるように思います。息を飲むほどの絶景が日本にあるという事や、ジェンダーの事で自分では想像もつかないほど悩んでいる人がいる事、ヒッチハイクをやると意外と人は車に乗せてくれるという事。どれも頭で考えていたのでは絶対にわからない事でした。そしてこのブログも自分のなかにこんなにも書けることがあるなんて、やる前は想像していなかったです。このように、殻に閉じこもり同じことを続けると行き詰まり、新しいことにトライすると見えないことが見えてきます。まだまだ自分は人生を変えるほどの何かには出会えていませんが、以前よりも確実に自信はついたと思います。

 

一生チャンスを掴めない凡人の行動 第1位     「誰かにアドバイスを求めすぎる人」

f:id:yh1356:20200105000518p:plain


 マコなり社長は、誰かにアドバイスを求めすぎる人はチャンスを掴めないと述べています。なぜならばアドバイスを求めすぎると行動ができないからです。例えば、企業をした方が良いのかどうかと相談したとします。ある人は、企業なんて簡単なんだから早くやった方が良いよと言うのに対し、反対にある人は企業して失敗したら大変だから慎重にならなければだめだと言うでしょう。どちらの意見も正解であり、答えなんてありません。従ってアドバイスを求めて正解探しをしても見つからず、いつまでも納得できないから現状維持を選んでしまうのです。

 

 自分で決断して行動しよう

 それならばどうすれが良いのか。それは自分で決断して行動することです。結局は正解なんてないのだから自分で決断して自分で経験して、そして自分なりの答えを見つけるしかないのです。企業したい自分が直感で思ったのならばやってみるしかありません。英語やプログラミングなどの勉強も、周りの意見に流されずやってみたいと思ったらやってみるしか方法はないのです。そして自分で決断して行動した分だけ視野が広がり、チャンスを掴めるようになるのです。

 

 退職についてアドバイスを求めまくった自分

 実は私は新卒で入社した会社を一年でやめました。一年で辞めると言うことに不安だった私は色んな人にアドバイスをもらいました。会社の上司、先輩、両親、兄弟、進路カウンセラー、友達、地域のおじさん、などなど今思えば相談し過ぎと言うくらいアドバイスをもらいました。一年で辞めるのはリスクがありすぎるから3年は頑張った方が良いと言う人もいれば、反対にまだ若いんだし辞めたいなら早く辞めるべきだという人もいました。それらの意見を聞いた結果どうなったかと言うと、混乱してますます決められなくなりました。アドバイスをたくさんもらえば正解が分かると思ったのですが、逆に身動きが取れなくなると言うことが分かりました。

 

 最後は自分の思いに従って退職を決意

 そして混乱に混乱した挙句、混乱にも疲れてきた時。だんだんと落ち着いてきた自分に浮かんできたことは、「この会社にいたくない」と言う我見でいっぱいの気持ちでした。どうせアドバイスを聞いても正解なんてないんだし、だったら辞めたいと言う自分の気持ちを信じようと思い辞める決断をしました。もちろん会社からは引き止められ、色んな人から非難もされましたが辞めてスッキリした自分がいました。

 

 仕事を辞めた後に見えてきたこと

 

f:id:yh1356:20200105000537p:plain


仕事を辞めてみて思ったことは、全く問題なく生きていけると言うことでした。仕事を辞める前はどうやってお金を稼げば良いのだろうと思っていました。また一年で辞めて職歴に傷がついても良いのかな。とか気にしてもしょうがないことを思っていました。しかし、リゾートバイトをはじめとしてお金を稼ぐ手段はいくらでもあるし、職歴に関しては何とかなるって思えています。何よりも仕事を辞めてみて色んな人に会い、色んな所に行き、色んな景色をみれたのだから辞めてよかったと思えています。

誰かのアドバイスに従って、嫌な仕事を続けていたら絶対に感じれないことを感じれたと思います。

 

まとめ

 以上マコなり社長の一生チャンスを掴めない凡人の行動をまとめると

 第3位 みんなの前で最初に手を挙げない

 第2位 新しいことを試さない

 第1位 誰かにアドバイスを求めすぎる 

でした。

 自分を振り返ってみてもこの行動をしているときは、暗い顔をして泥沼にハマっていっていた事が分かります。

 是非これを読んでくれている皆さんも、①真っ先に手を挙げ②新たなことにトライし③自分の意思で決断して、自分の可能性というチャンスを手にしていきましょう!