自分のペースで

大好きな読書を中心に、日々の気づきを綴ります。 目標→100記事執筆

0秒で動け 

 

 

 要約 

 成果をあげるためにはすぐに行動する事が大事である。行動する事で結果が現れ、さらに良い成果をアウトプットできるからだ。すぐに行動する人は仕事でもプライベートでも求める成果をあげられる一方で、行動できない人は成果をあげられない場合が多い。本書ではすぐに行動できる人と、行動できない人との違いや、すぐに行動するための方法が解説されている。

 

 すぐに行動できない人は分析をしすぎる

 すぐに

行動できない人は、分析をしすぎる傾向にあります。失敗をしないように情報をたくさん集めるのですが、その情報を選別できなくなってしまうのです。私もこのように情報を集めすぎて決断できなくなる事がよくあります。例えばプログラミングスクールに通うと決めて、スクール選びをしていた時の事です。その時も情報を集めすぎて選べなくなってしまいました。インターネットで検索すると今は本当に多くのスクールがあります。値段や仕組みなど少しずつ違い、情報を集めれば集めるほどどのスクールも良いような気がして選べなくなってしまうのです。結局時間ばかりかかってしまい、申し込みの締め切りに間に合わずに、終わってしまいました。このように情報を集めれば集めるほど、意思決定ができなくなるということはよくあります。

 

 すぐに行動できる人は直感を大事にする

 反対にすぐに行動できる人は、直感を大事にしています。その裏には物事に絶対的な正解など存在しないという事がわかっているからです。とにかくまずは、どんなに情報が不十分でも

良いから、結論を出してみる。そうする事で、初めて行動する事ができます。

 

 感想

 この本を初めて読んだ時、どうして自分は行動できないのか腑に落ちた。自分はまさしく情報を集めすぎて行動ができずに終わってしまうタイプだったからだ。どうして情報を集めるのかというと、簡単にいえば失敗したくないからだ。数ある選択肢の中で一番良い選択肢は何かという事を無意識に習慣として探してしまうのだ。しかし、この世の中には絶対的に正しい選択肢なんてないし、リスクゼロの挑戦なんて存在しない。それなのに正解を探そうとするからいつまでも迷うし、結局決断できなくなってしまう。だからこそ、すぐに行動するために大事なことは世の中に正解はないと腹を括ることだと思う。とにかく動けばそこから反省もできるし、改善ができる。そうしていくといつかは求める成果が得られる。

 世の中は自分が思っている以上に単純なのではないだろうか。必要以上に情報を集める必要もないし、分析をしすぎる必要もない。もっともっと自分の「楽しそう」とか「こんな事をやってみたい」という直感を信じれば良いと思うのだ。そうすればいつかは求める成果に繋がる。情報を集めれば集めるほど、行動ができなくなるので成果からは遠ざかってしまう。もっと自分の素直な直感を大事にしようと本書を読んで思えた。