自分のペースで

大好きな読書を中心に、日々の気づきを綴ります。

Nintendo Switch を買った

 昨日ずっと気になっていたNintendo switch を買った。ソフトは年末に家族でできるようなを買おうという事で、桃鉄を選んだ。Switchも初めてだが桃鉄も人生初だ。結論は、買ってよかったと思う。新しい世界を知るという事は、どんな事であれ大事だし、何よりも興味のある事が増えるというのは無条件で良い事だと思うからだ。振り返るとたかだかゲームを買うというだけの事だが、自分にとっては大きな決断だった。

 ゲームは自分にとっては遠ざけたい存在だった。高校の時まではゲームが好きで依存症気味だった事があり、ずっと後悔していたからだ。大学入学を機にゲーム断ちを決意し、そこからはやっていなかったのだが、ゲームには嫌なイメージがずっとあった。ゲームがあったから高校生活が狂ってしまった。そんな風にどこかで思っていたのだ。当然ながら、ゲームに良いも悪いもない。それどころかゲームによって人生が豊かになったり、ゲームによって人生が開ける場合もあるという事も今なら分かる。けれどどうしても、ゲーム依存にまた戻ってしまう事が怖くてどうしても遠ざけてしまっていた。

 そんな自分がどうして、switchを買った理由は単純だけど、尊敬する人がやっていたからだ。その人に少しでも近づきたいというシンプルな動機で、買いたくなった。そして今の自分なら買っても依存しないようにコントロールできるとも思った。迷ったら行動する。どんな事であれ行動した方が、気分はスッキリするはずである。

 難しく考えすぎているけど、シンプルに買ってよかった。買ってしまえば購入前の不安なんて消えるし、興味も湧いてくる。新作のドラゴンクエストポケモン、テイルズ、三國無双などなどやってみたいゲームもたくさんある。素直にそういう気持ちを大切にできるというのは素敵だと思う。それに依存するかもしれないという不安がある限りきっとコントロールできる。難しく考えないようにしたい。

 いつも自分は物事を考えすぎるけど、ごく単純な感情さえあれば動けるのだという事が分かった。シンプルに考えるってすごい大事だ。ゲームが好きなら好きで良い。好きだと言えるものが一つでも多くある人は素敵だ。価値的にできるかどうかは自分次第だ。